top > our greeting

ご挨拶

蕎麦の膳 たかさごの蕎麦はすべて十割手打ちでございます。
蕎麦粉は店主自ら国内産地を厳選し買い付けた玄蕎麦を石抜き・磨き・粒選別・皮むき・石臼挽き・篩までの
工程すべてを当店内にて製粉しております。
汁はよく枯れた本節・宗田節・鯖節を当店で削り、長時間火に掛け
節のコクと風味を十分に引き出しました。蕎麦・汁共々楽しみながらご賞味くださいませ。
三代目店主と四代目店主の料理での共演もお楽しみ下さい。心よりおまちしております。

店主紹介

宮澤  佳穂

「蕎麦の膳たかさご」三代目店主。
そば店を経営するかたわら、東京檜原村や日の出町に畑を持ち、
自らそば栽培、収穫をしている。
また東京・青山にあるNHK文化センターそば打ちの講師を務める。

過去のイベント等出演記録

1999年-2004年日本航空株式会社「鵬友会」にてそば打ち教室開催。
(JAL打ち)
2001年NHKカルチャーセンター「そば打ち教室」始まる。
(2002年より東京都檜原村にてそば栽培を始める)
2001年「A Cook’s guide to grame」の著者Jenni Muir氏より日本で
ただ一人、蕎麦打ちの技術について取材を受ける。
その本が2002年英国で出版され翌年ヨーロッパ出版界より4つの賞に
ノミネートされる。
2002年NHKテレビ芸術ドラマ「蕎麦屋の噺」で蕎麦打ち技術指導。
2002-2004年ホテル日航東京にて12月31日「年越しそば」を打つ。
2004年NHK出版より 著者 宮澤佳穂「そば打ち入門のコツのコツ」
を出版(好評発売中)
2004年英国スローフード協会より同年の受賞者としてノミネート
される。
2005年NHK文化センター主催、日本外務省及びフランス外務省、
ボルドー市後援ボルドー市にて「日仏文化交流」そば打ち技術を披露。
2006年日本外務省主催、日本航空株式会社後援 日本、パラオ文化交流同国大統領ご夫妻に文化交流のそば打ちを披露。
2006年より千代田区NPO法人「江戸ソバリエ認定講座」の講師を務める。
2007年飛騨市古川で行われた第一回そば祭りに参加。

四代目 宮澤  和彦

1997年 東京調理師専門学校卒業。同年ホテルオークラ東京入社。
ホテルオークラ東京「山里」、多摩そごうオークラレストラン「桃山」オークラ千葉ホテルにて会席料理の修業を積む。
オークラ伝統の素材の味をひきたたせる和食の真髄を学ぶ。
ホテルオークラで12年間の会席料理修行を経て、2009年蕎麦の膳「たかさご」へ。
2009年より四代目監修の会席おせち料理を年末に販売。
毎年、数量限定で予約受付するも開始後間もなくでご好評につき完売となる。
2013年3月、2014年3月、二年連続で佐賀県の名産品を店舗内に展示し、唐津市の食材を使用したコースやランチでの佐賀フェア開催!毎年大好評となる。